渋谷の小さなイタリアン「オステリアアルコ」のお知らせ

雷鳥

投稿日時:2016/09/11  カテゴリー名:旬の素材

雷鳥 日本の猟期より一足早くヨーロッパは始まりました。   日本では雷よけや、火災除けの鳥と言われていた時代があったり、猛禽類などの天敵がおとなしくしてる雷がなるような空模様のときに活発に動きまわることが名前の由来、、とも。   あしにも毛が生えている珍しい鳥で、爪と口ばし以外は暖かい羽根に覆われて寒さ対策もしっかり。   日本の本州中部は世界で最南端の生息地。森林限界の上、2400~3000mと限られた高地にわずかに残るニホンライチョウは、狩猟鳥獣48種にも当然入っていない特別天然記念物ですがヨーロッパでは昔から食べます。 渡りはせずにいい場所があるとずっと一か…

続きを見る